2007年5月 アーカイブ[18]

信と殉

「信じる」と云うこと。
僕の「信じる」の定義を掘り下げてみる。

僕は「信用」や「信頼」など、兎に角「信」の字が付く言葉に対して、多数が思われがちなことを据えていないと感じる。

言葉尻だけで云えば、僕は誰も信用していないし、信頼していない。

この「誰も」には無論「自分」も含まれている。


「信」とは「自」から発生、或いは「自」が保有するするものではなく、「他」からの評価、或いは客観的な「状況説明」ではなかろうか、と。


これは文字面からも簡単に推測できる。

「信」と云う文字は「にんべん」に「言う」だ。

にんべんは「人」を表している。

「人が言う」。時系列的に過去ならば「人が言った」──これが「信」だ。「信」とはそう云う要素で構成されている。

…と云うことは、何かを言っている(言った)のは自分以外の人間、平たく「他人」と云うことだ。

自分を差す言葉で「人」と云う表現はしない。また、「他人」と書いて「ひと」とも読ませる。

「人」と云う呼称・名詞は自分と隔絶された、云うなれば「二元物」について表現される言葉だ。


こう捉えると「信じる」と云うことが、どう云うことだか紐解けるように感じる。

例えば、「わたしのこと信じてね」と云う言葉。

これは「わたしの云うことに猜疑心を持たないでね」と云う「依頼」或いは「指令」であり、ともすれば「強要・強制」である、と云えよう。


お解り頂けるだろうか?

故に、僕は誰も信じないのだ。くどいようだが、これには「自身」も含まれている。

人が言うことなど流動的で常に不安定だ。そんな曖昧なことに自分を預ける気にならないのだ。

これは「安心」や「確約」を望んでいる、の裏返しではない。「信じる」など「無駄」だ、と云っているだけだ。

他人を嘘や某しで嵌めることは出来ても、自身からは決して逃れられない。

自己欺瞞という嘘は、自身の内面世界にヘドロのように醜悪に居座り続けるからだ。

ただ、そんな自身ですら自身を裏切る場合がある…

こう捉えると、どちらも信用できない。
──人は何処かで必ず嘘をつく。


僕は「信じない」代わりに「そもそも疑わない」と云うマントラを唱える。

猜疑心を向けなければ、そもそもわだかまりはなくなる。

「信じてたのに…」と云う想いも、そもそも発生しない。

内外共にベクトルを変えているだけで、このマントラはどちらでも通用する。

自分も他人も、そもそも疑わない。

これは大いなる「自己防衛手段」のひとつであり、まさしく的確な方策のひとつであると感じる。


空気の振動によって鼓膜に伝えられた情報は、そのときの「状況」を「説明」しているだけだ。つまり、「聴覚情報」。

また、角膜が伝える情報──「視覚情報」。これも同様だ。8割以上の情報をこの感覚で判断する、と云われている。

そもそも「嘘」も「本当」もない。時系列のベクトルの侭に流れてゆくだけだ。

そこに「信じる」などの「色」を付けるから、不毛なチェーンループに絡め取られたりするのだ。

その流れの渦中において──生きる、と云う「死」が分つまで継続される「事実」「現実」の渦中において──出来るだけ心地好い感覚に包まれたいのならば、

そもそも疑わない。
ただただ、その状況を噛み締め、怯まず総てを受け入れよ。

と、云いたいだけだ。


ま。自分にゆってるんやけどね?(´∀`*)y-〜♪


「信じる」は「状況説明」。
「信じたい」は「自己希望・願望・欲望」。
「信じて」は「指令・命令・制御・支配」。

いずれにせよ、対極に「謀反」が置かれる。

「絶望的だ…」などと安易に落ち込んだりするが、「真の絶望」とは「望みを絶つこと」。

被害者意識的に、他の影響により、このような感覚に苛まれる、と誤解されがちだが、その感覚を発生させたのは「自ら」だ。

「絶望」とは一切の望みを他に求めないこと。自らの希望・願望・欲望のベクトルは須らく自らに向けるべきだ。

著しく能動的行為であり、責任転嫁の矛先は他にはない。総ての責任は「己の存在」──ただ、その1ベクトルのみ。

そこに「孤高のナルシズム」を感じる。


それでも「信じる」ならば…
その想いを抱いた侭、潔く死ね。

それが「殉じる」と云うことだと思う。


僕は魂の殉教者だ。
僕の魂は僕の独占欲配下に据えられている。

その魂を愛したいと欲するならば…

 殉じろ──。

信など不要。
殉さえ抱けば他には何も要らない。

それは皆が抱いている魂も同様だ。
魂に優劣はない。

___ spelt by vincent.

デザインの輪郭

デザインの輪郭
デザインの輪郭
posted with amazlet at 08.09.28
深澤 直人
TOTO出版
売り上げランキング: 18256
おすすめ度の平均: 4.5
5 夜寝る前に、ふと手に取りたくなる本
4 何度も読むと良くなってくる
5 じわじわと感じてくる本
5 生きることを大切に、そして丁寧に。
5 シンプル★イズ★ビューティフル

More ▶

動機なし

「理由なき反抗」と云う言葉がふと浮んだ。

ひと目盛り深海へ潜水。

多くの場合、理由や動機を求める。そして、対外的にはそれを知ろうと努める。

だが、なかなかに釈然に至らないものだから、深い濃霧の中を彷徨うことになったりもする。

その根幹原因である「理由や動機」──それを有さず、敢えて排すことで某かの「結果」を導き出す。

「原因」がなく「結果」が生じる。
「自然」と云う言葉が浮上する。

やはり、一番尊く気高く、何よりも美しい。


そんな比較論を土壌に据えると「自然は美しい」と云うことが事もなく氷解する。

そして、同時に「結果が美しければ」と云う「暗黙の条件」も浮上する。


理由は要らない。動機も不要。
「生きる」と云うことに特別な理由はない。

生きるとは無為の極致。

「僕は○○のために…」などと、お為可笑しい勘違いをブラ提げて死ぬまで謳歌・堪能するが良い…☆

望まなくとも、願わなくとも…
それは確実に訪れる。

我が魂の命ずるままに──。

___ spelt by vincent.

座頭市 <北野武監督作品>

座頭市 <北野武監督作品>
バンダイビジュアル (2004-03-11)
売り上げランキング: 5549
おすすめ度の平均: 4.0
5 ビートたけしのファンだけでなく北野武のファンにもなれた想い出の映画。
4 北野作品パートx
5 タップ
4 抽象画の世界
3 迫力はあるが「粋」ではない

More ▶

追憶 - Past, time goes by

小雨の降り頻る中、薄暗い舗道を歩く。

警笛の鳴らない踏切を越え、いつかふたりで歩いた道をひとり往く。

腹ごしらえにコンビニでおにぎりを買う。
慟哭の矛先となった公衆電話を横目で一瞥。

エレベータのボタン押下。
通い慣れた3階の事務所。
おにぎりの包みをゴミ箱へ放り、Macの電源を入れる。

5月一杯で居を移す事務所。
セブンスターに火を点け、つらつらとキーボードを叩く。

窓の外から雨音を掻き消すように、エキゾーストノートが耳を掠める。

 独りって切ないなぁ…

心の声が誰も居ない事務所を覆う。


想い出は要らない。
望まなくても積み重なってゆくから。
殊更に、想い出作りに勤しむことはない。


紫煙を燻らし、追憶に想いを馳せる──。

___ spelt by vincent.

大変身!─ママの七つの顔

大変身!―ママの七つの顔
赤川 次郎
読売新聞社
売り上げランキング: 1474076
おすすめ度の平均: 4.0
4 お母さん
大変身!―ママの七つの顔 (角川文庫)
赤川 次郎
角川書店
売り上げランキング: 712195
おすすめ度の平均: 4.0
4 テンポよさ!

More ▶

Bourbon on the Rocks

大振りのオールド・ファッションド・グラスの中で溶けた氷に揺蕩うバーボン・ロック。

それを片手に僕は喩え話をする。

More ▶

心変わり - a change of mind

心変わり──。

自身の半生を顧みて、苛まれている要因のひとつにこれがある。僕の中にはない要素のひとつ。

僕は根底に「不動の根拠」を据える。平たく「自身が決めたルール」。それに準じようとする「殉情」。それは決して揺るがないものだ、と。僕はとても頑固だ。

「頑迷」と云う言葉を当てた先輩も居た。「依怙地」とも。

対極に「心変わり」が挙がる。

「自分で決めたルールを覆す」──僕にはそう感じられてしまう。

そして「怖いもの知らず」と云う言葉が連動する。自分で決めたルールすら覆すのだ。怖いもの知らずで「当然」だ、と。


心変わりしない僕からすれば、心変わりする女の子は自由奔放だ。

それは決して拘束出来るものではない。魂の拘束は出来るかも知れないが、往々にして、その前段にある「心」がそれを阻む。そして「身体」がそれを拒絶する。

そんなとき、一陣の風が舞う。コミカルな表現で云えば、カラスが鳴く。(´∀`*)


心変わりは醜悪だ。
だが、それをいとも簡単に行える女の子は、

──とても美麗だ。

そんな風に思う。

___ spelt by vincent.