二乗自爆 - 薬事法と尺貫法

一寸の虫にも五分の魂

すん *1)とは尺貫法における長さの単位であり、「しゃく」の1/10。メートル法に換算すると、日本では約30.303mmである。

寸の1/10が「」であり、五分とは一寸の長さの半分、メートル法に換算すれば、約15.1515mmということになる。

冒頭の諺は、体長僅か一寸の虫にでさえ、その体躯の半分には魂が宿っている、という意味から、弱者を軽んじたり、侮ることへの戒めや、自身の意地や根性を示すときなどに遣われる。

或いは、「一寸」とは「ちょっと」とも読み、「一寸一杯」で「ちょっと一杯」と読む。

「ちょっと一杯」といえば、云わずもがな、アルコールの話だが、ウイスキーのシングルの容量は30ml *2)である。

これは、メジャーカップ *3)の小さいほうの容量であり、奇しくも尺貫法のそれと近似値だ。大きいほうは45ml、これは単位としては「(ワン)ジガー」と呼ばれる。

グラスに指を当てて計る簡便法(ワンフィンガーがシングル。ツーフィンガーがダブル)に至っては、その所作も相まってより一寸感が増す感じだ。

こうして考えてみると、「一寸一杯」とは、なかなかどうして言い得て妙だ、と感じるのは僕だけだろうか。


さて、バファリンの半分は優しさでできているそうだが、冒頭の諺と比率が類似している。

人体に好影響をもたらすであろう薬品であるにも関わらず、優しさという測量不可な情緒的要素が50%を占めているのだ。薬事法的にはいかがなものか。さておき…

一寸のバファリンにも五分の優しさ

アカン。何だか、ちっとも効きそうにない… しかも、バファリン1錠の直径は五分にも満たない。ますます、効力が半減する一方だ。ムゥ…

どうすれば、こういう事態に陥るのか。自分で撒いた種も刈り取れない始末。自縄自縛、否、二乗自爆の理を知る。

薬事法と尺貫法のコラボは余りうまくない。

そんな感じで♪


*1)寸
https://ja.wikipedia.org/wiki/寸
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
*2)30ml
日本では1液量オンス(計量法上は「液用オンス」)を30mlと換算していることがある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/液量オンス
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
*3)メジャーカップ
カクテルを作る際に用いる小さな計量カップ。ふたつのカップがつながり、鼓形をしている酒場で見掛ける例の三角いアレ。ジガーカップとも云う。45ml・30mlの組み合わせと60ml・30mlの組み合わせの2種類ある。
___ spelt by vincent.

コメント投稿

feed icon コメント用フィード