2011年8月 アーカイブ[3]

アンニュイな雨の昼下がり

雨音を聞いていると
現われるはずもなかろう
君の足音が混じっていそうで

 耳を澄ましても
 目を凝らしても

果敢ない幻想だと思い知るのに
それほど時間は掛からないはずなのに

雨音と喝采とを重ね
そうして幾漠かの潤いを
渇いた心をなけなし宥める

アンニュイな雨の昼下がり

アッシュグレイの雨雲を眺めながら
いつもより長めに紫煙を吐き出す

___ spelt by vincent.

どん底

どん底──。

あるかないかで云えば、どん底は確かにある。

しかし、ここがどん底だ、と思っているうちは、まだ、どん底にはいない。

「どん底」と「限界」はよく似ている。

限界だ、と思っているうちは、まだ、限界ではない。「どん底」と「限界」に、そんな「余裕」はない。

ハイパーネガティブ。

ネガティブを超越せよ。そして、そこに鎮座するスーパーポジティブを感じよ。

我が魂の命ずるままに──。

___ spelt by vincent.