心温まる手紙

心温まる手紙になりたい。

どんなに遠く離れていようとも、
僅かばかりの切手代さえあれば、
割高な旅費を掛けず遠くへ行ける。

夢にまで見る焦がれるあの人の傍らへ。
郵便制度は懐に優しい。

心温まる内容ならば破り棄てられることもない。
事ある毎に、都度、読み返されたりもする。
そして、一時であれ、その人を占有せしめられる。

曖昧に暈かされた色彩と輪郭の滲んだ世界。
前世の記憶を、手探りで手繰り寄せる。

鋭利な刃物のように深く突き刺さり、
それでいて柔らかく染み渡るような、

僕は、そんな心温まる手紙になりたい。


過ぎ去りし永遠の日々/coba

___ spelt by vincent.

コメント投稿

feed icon コメント用フィード