2017年11月 アーカイブ[3]

God save me

「よく頑張ったね」

彼が優しい表情を浮かべながら彼女の前に立った。彼女は涙をいっぱい溜めた瞳で彼を見つめた。

「神様が見ていたかどうかは知らないけれど、僕は君を見ていたよ」

その言葉に彼女は感極まった。堰切ったように彼の胸に飛び込むと、瞳いっぱいの涙を溢れさせた。彼がポンポンと頭を撫でる。

「頑張った人にはご褒美が必要だよね」

彼女は怪訝な表情を浮かべながら上目遣いで彼を見上げた。

「プレゼントがあるんだ」

そう云うと、綺麗にラッピングされた小さな箱を取り出し、彼女に手渡した。

「これは…?」
「開けてご覧」

高鳴る胸の鼓動と共にラッピングを解き、箱の中身を取り出すと、彼女は小首を傾げた。

「これは… 何かしら…?」

彼は得意満面な笑顔で答えた。

「眼鏡だよ」
「それは分かるけど… あたし、眼は悪くないわ…」

溜まらず彼が吹き出した。

「そんなことは知ってるよ」
「じゃあ、どうして? 眼鏡を貰っても…」

彼は彼女の唇に人差し指を添えて遮った。

「それは『神様透視眼鏡』だよ。神様が透けてみえるんだ」
「神様透視眼鏡…」

「ああ。それがあれば神様の居処が分かるだろ?」
「居処…」

「居処を突き止めたら文句を云えばいい。どうしてきちんと見てくれないんですか、と」

彼女は穴が空いたように彼を見つめた。


God save me...

___ spelt by vincent.

愉快

46年生きてきたが、なかなかどうして不愉快だ。

ただ、これほど生きても尚、不愉快であるということを知り得たことが愉快でならない。
45年しか生きていない者には、この気持ちは分かるまい。

それは、僕もそうだったからだ。


なぜ何もないのではなく、何かがあるのか
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

___ spelt by vincent.

俺様ルール

「簡単な話さ。俺の云うことをみっつだけ利けばいい」
「みっつ」
「こんな簡単な話、ないだろ?」
「それは?」
「従え。平伏せ。奉れ」
「何様だし…」

Not at all.

*2017.09.14・草稿

___ spelt by vincent.