無意味

無意味なことに執着し、意味を持たせる。この行為こそが無意味である。

それは、せねばならない的確な理由を持たない。某かの理由がある時点で、無意味だとは云い難いからだ。

例えば、理由があるうちは極まっている状態とは程遠い。或いは、極まりを追わない求道など、それこそが無意味である。

表層の無意味さと真の無意味さには雲泥の格差がある。


研ぎ澄ませ。鋭利な刃物の如く。
追い求めろ。腹を空かせた餓鬼の如く──。


無意味なことに執着し、意味を持たせる。この行為こそが無意味である。

無意味なことに執着し、それを知り得る意味や理由など、いつしか何の意味も価値もないことを知り至るまで──。


研ぎ澄ませ。鋭利な刃物の如く。
追い求めろ。腹を空かせた餓鬼の如く──。


我が魂の命ずるままに──。

___ spelt by vincent.

コメント投稿

feed icon コメント用フィード