2007年4月 アーカイブ[7]

涙が出るほど愛しい人よ

逢いたい。
たった四文字の欠片。

こんなに短いフレーズですら
伝わらない。

言葉なんて無意味で無力だ。

どうせ伝わらないのであれば、
いっそのこと、眼も、耳も、口も…


想い出と呼ぶには、余りにも儚くて──
夢を見ていたとは、どうしても思えないんだ…


また、逢いましょう。
お互い、お咎めなしで──。

___ spelt by vincent.

究極の進化形

究極の進化形──それはブラックホールである、と感じた。

我々人間なり生を宿すものの総ては、食糧なり情報なりを糧としてその生命を全うしようとする。

糧がないと生命は閉ざされ、終局、滅する。

故に、生命を存続せんがために奔走する。足掻く、藻掻く、苦しむ、悩む…

何とも形骸化した哀れなオブジェクトだ。

More ▶

passion play - 情熱遊戯

この空間はね。
時間が止まっているんだ。
だから、何も始まらないし、
何も終わらないんだ。

フフ、ちょっと素敵だろ?

ずっと、何ひとつ変わらないんだ、
ずうっとね。
ほら、怖がってないで、こっちおいでよ。

時間の拘束がない心地好い空間さ。
君はそれを味わう権利があるんだ。

え? 誰が決めたのかって?
僕だよ。僕の個人的職権乱用さ。

僕はこの空間の支配者。僕がルールさ。
──と云っても、
僕と君のふたりしか居ないけどね?

ふたりだけのルールさ。守るのは簡単だろ?
さぁ、おいでよ。
何故、そんなに怯えてるんだい?
僕が怖いのかい?

え? 僕が見えない?
声も聞こえないって?
じゃ、僕は一体、誰と喋ってるのさ?
僕が独り言を云ってるだけだって?

そんなことはないよ。僕には君が見える。
君の小刻みに震える肩が見える。
恐怖に怯える瞳が見える。
今にも泣き出しそうだ。

そう、分かったよ。
それでも立ち尽くしたまんまなんだね?

いいよ。
時間が止まっていることを
──証明してあげるよ。


次の瞬間、眩い閃光と共に真っ赤な花吹雪が舞い散り、首と胴が泣き別れた屍が転がった。動かなくなった肉塊の周りに深紅の海が広がる。


ほら、嘘じゃないだろ?
時間は止まってるんだ。
何も始まらないし、何も終わらない。
永遠に──。


夢見るように微笑むと、深紅の海に横たわる永遠を一瞥、興味のなくなった玩具を眺める子供のような瞳だった。


さて、次は誰と遊ぼうかな──?

___ spelt by vincent.

透明な闇

様々なことが どうでも良い
生きることに 飽いている

痛覚が 驚くほどに 麻痺したようだ
何も 痛みを感じない

心の血液が 止め処なく溢れ出していても
何も 痛みを感じない


もう それほど 長くはないだろう
締め括りに相応しい 何かを捜している
たった それだけのことなのかも知れない

凍える静寂が教えてくれるのは
ひんやりとした 剥き出しのリアルだけ
他には 何もない


過日の共有は ほんの束の間の
脆く 儚い 永遠の刹那

まばたきする間に 跡形もなく消えてゆく

セピアトーンに包まれた情景繊維が
赤ワインで浸したように 赤茶ける

脳繊維に刻まれた なけなしのきら星たちが
薄笑いを浮かべながら 退色してゆく


孤独に愛された者は
自ら眼を閉ざし あらゆる光を閉ざし
闇に 添い遂げようとする

濁黒の暴風雨の空 這い上がる龍のように
渾身の情熱を こそげ 剥ぎ取られながら
次第に 痩せ 衰え 満身創痍の中──

後は 夢見るように 朽ち果てるだけ
残された道は それ以外にない


せめて 意識が侭ならぬうちに
せめて 痛覚が覚束無いうちに

連れ去って欲しい
颯爽と 華麗に──


さぁ 透明な闇を 見に行こう
視覚は不要

五感の機能を度外視してでも
資格も不要

生ある者ならば 誰でも到達できる


さぁ 透明な闇を──

___ spelt by vincent.

流離いの魂人

ぽつりぽつりと洩れ出す言葉。
一体、どんな意味があると云うのだろう。

吹けば飛ぶよな、なけなしの語彙。
腹の底に何も響かない薄っぺらな欠片。

そんなものを幾ら紡いだところで…

何も埋まらない。

空虚な空洞に金属質な響きが谺するだけ。


それでも紡がなくてはならない。
否、意識せずとも紡ぎ出されてゆく。

止め処なく、溢れてくる。

云いたいことを云っているのではない。
云えることを云っているだけ。

やりたいことをやっているのではない。
出来ることをやっているだけ。


ぽつりぽつりと洩れ出す言葉が
震えるほどに心地好かったら…

ぽつりぽつりと紡がれる言葉が
背筋が凍るほどに背徳感を帯びていたら…

どんなにも美しいだろう。

きっと、身の毛もよだつほど神々しいに違いない。


我、流離いの魂人なり。

未だ見ぬ、新しい輝きを求めて。
何処を彷徨っても、そんなものはないと知りつつも…

大いなる幻想に総てを賭して──。


我が魂の命ずるままに──。

More ▶

'xcuse

don't leave me alone.

but,

leave me alone.....

灼け焦げた魂が──非道く凍えてる。

'xcuse me, while I kiss the sky.....

More ▶