The Maverick's Wings

固く冷たいアスファルトの上を
孤狼の眼光が何かを追い求める

途中 幾つかある薄明かりの下で
琥珀色の液体に 喉を灼き 焦す

流れる軽やかなビートに合わせて
紫煙が ゆらゆらと 身を捩じる

痩身な体躯の背中を丸め
生えていない翼のことを
ぼんやりと想い浮かべる

悦楽の狂演を背にしたまま
孤狼の眼光は何かを追い求めている


コメント

2006年11月07日07:06 vincent.

狼の背中に翼は生えていない。だから、切り立った崖の淵で月に向かって咆哮するのさ。

___ spelt by vincent.

コメント投稿

feed icon コメント用フィード