そんなで花実が咲くものか

心の花も咲かせましょう

エスカレーター前の花壇の中に刺さっていたプレート文言に引っ掛かる。

何? 咲いてないの前提?

心にも花を咲かせましょう

こちらのほうが角が立たずに華やいだ気持ちになるではないか。
おう、コピーライター。しっかり仕事せい。

そんな感じで♪

___ spelt by vincent.

episode: Goldfish

lionhead_goldfish_retouched.jpg

「お前は金魚か?」
「あ?」

「金魚の中でも蘭鋳らんちゅうだな」
「どういうことだ?」

「醜い割りにゃあバカっ高え。そのくせ、煮ても焼いても喰えねえ」
「!?」

「つまり、どうしようもねえってこった」

*2016.10.16・草稿

___ spelt by vincent.

売買成立

「もう! あんたなんか要らない!」

溜まり兼ねた女が怒声を浴びせた。

「ほう。レシートか領収書はあるのか?」

悪びれる様子もなく、男が問う。

「どういうこと?」
「要らないなら返品すればいい」

「あんたを買った覚えはないわ!」
「それはどうかな?」

女の怪訝な表情。

More ▶

不在通知

神様は誰の云うことも利かないが、お願いするのは自由だ。

 苦しいときの神頼み。

いい気になって、何度も、何度でもお願いしてみよう。
どんなに無理難題をふっかけても神様だから怒らないはず。

 仏の顔も三度まで。

ありゃ? ひょっとして四回目はアカン?
や、神様やし大丈夫か。って、仏様?

逡巡しゅんじゅん

ま、両方ともいねえから、まいっか☆ ねー

そんな感じで♪

*2016.10.04・草稿

___ spelt by vincent.

無自覚に対する評価

無自覚に対する評価とは、端的に云うと、当人にその自覚がないにも関わらず、他人がそうだと勝手に思って(決め付けて)いる、ということだ。

その他人の観点からすると、その当人を見る基準──つまり、前提ということになる。

色眼鏡という語彙に準えれば、フィルターとも換言できるだろう。

人を色眼鏡で見てはいけない、という禁則事項を知りつつも、人は独自のメソッドでフィルタリングしてソートする。

More ▶

嘘でも残るもの

「余程の利口か余程の馬鹿と見た」
「大概どっちかだろ?」
「そうか?」
「そんなもんは予想とは呼ばねえよ」
「予想じゃねえよ」
「じゃあ、何なんだ?」
「教えてやろうと思ってな」
「何を?」
「お前はどっちかってことをだよ」
「ほう。じゃ、俺は利口なんだな」
「何故?」
「知れば馬鹿じゃいられない」

More ▶

健忘の彼方へ

泣くとすべて忘れる。

嬉し涙。悔し涙。感動の涙。失恋の涙──。
記憶に残っているのは泣いたという「事実」だけ。

何故、泣いたのか、どういうシチュエーションで泣いたのか、どうして泣いたのか…
不思議と悉く何も残らない。

泣くとすべて忘れる。

泣くという行為は、健忘という自己防衛本能のひとつなのかも知れない。


最近、とんと涙に縁がない。
記憶は鮮明だが、取り立ててピックアップする事柄もない。

それはそれで悲しい。
よし、泣こう。

あ…

そんな感じで♪

*2016.12.21 草稿

___ spelt by vincent.

可笑しな日本語

「理屈抜きで間違ってるよ」
「や、正しいとか間違ってるってのは理屈があって揺れ動く訳で…」

「整合性抜きで間違ってるよ」
「や、それ抜いたら基準なくなってまうし…」

「間違っても間違ってるよ」
「そう。もうね。全然、正しくないじゃん! 間違ったら間違いやん? そこに仮定はないのよ、お分かりちゃん?」

「間違いなく間違ってるよ」
「だから、どっちなん?」

「どう考えても考えられないよ」
「ハナからいっこも考えてへんやんけ…」

「間違いか正しいかなんて考えられないよ」
「や、考えろよ」

「逆に、相手の立場になって考えてみてよ」
「どうあってもお前が正なんやな? どっちが自己中やねん… つか、ちょ待てよ──お前が俺に向かって何か云ってるってことは、俺の相手てなお前ってことだよな? で、相手の立場てなお前の立場ってことになるんだが、その逆ってことは、跳ね返って俺の立場のことを差す。な? 『逆に』てのがどんだけ可笑しな表現か分かったか? 『逆に』なんて、逆に云わんでえーねん、逆に」

「分かるか分からないかなんて分からないよ」
「分かっとるやん! 『分からない』云い切っとるやんけ」

「信じるとか信じられないとか信じられないよ」
「ハイハイ、信じられないのね…」

「あり得るとかあり得ないとかあり得ないよ」
「もうね。全体的に力一杯、理屈抜きで間違ってるよ、君は…」

*2016.08.29 草稿

___ spelt by vincent.

シナプス

アニメ「昭和元禄落語心中」のワンシーンから「美鈴屋」→「みすずや」と黙読。

確か「鈴」は「レイ」とも読むなぁ、と。
→「美麗屋(びれいや)」。ウム、美しい。

横道。「北方→喜多方」。「焼き物→御家喜物」等々、日本の言葉遊びの雅を感じる。
これらの派生が「駄洒落」なのかなぁ、と。

「鈴」に戻って、
鈴の音→鈴音→りんね→輪廻。

「輪廻」はサンスクリットでサムサラ。
ああ、GUERLAINの香水SAMSARAはここから… と命名の由来に。


何てことない脳内シナプス事始め。
酉年だけに酒られない。
毎度、vincent. 今年も宜しく。

三歩歩けば大体忘れる。<ダメじゃんw

そんな感じで♪

___ spelt by vincent.

当たり前の基準

腹が減ったらどうする?
眠くなったらどうする?

そんな当たり前のことすら出来ない。
だから、泣き叫ぶ。

子を持って初めて気付くこと。
自分の当たり前は自分だけしか通用しない。

食べる方法も眠る方法も何も知らない。
だから、泣き叫ぶ。

大人の流す涙がどれほど汚いのか──。
思い当たる節々に見事に突き刺さる。

そんな善人ぶった綺麗事を余所に、
苦笑を浮かべながらアルコールで喉を灼く。

良いお年を。

___ spelt by vincent.