ひとつ

根底で棲息しているものは総てひとつに繋がっていると云う。

凡そ対極に在ると思われていることですら、根幹は総てひとつである。

答えがひとつなのではなく、答えらしきものを現時点での正解とし、それに向かって行うべきことをしているだけだ。

或いは、「盲目的」かも知れない。しかし、決して視覚機能的に盲目なのではない。

そもそも「見ていない」のだ。

能動的・自発的・積極的に「見ていない」のか。受動的・強制的・消極的に「見ていない」のか...

いずれにしても結果「見えていない」。

この状況──それは各々の魂の命ずるままに選択される。否、気付かぬうちに選択しているのだ。

気付いたら気付いてなかったよ...

故に、気付かぬままにそれに流される。

或いは、価値観とは常に流動的であり、それは枝葉の価値観の端々で露呈する。

哀しいかな、枝葉の流動的な価値観は、それを見る者・感じる者にとっては、その価値観の全貌・総意・真意と捉えられがちだ。

しかしながら、根底はひとつなのだ。

本来、研ぎ澄まされた者にしか映らないのかも知れない。脆さ、儚さを知る者にしか捉えられないのかも知れない。


根底で棲息しているものは総てひとつに繋がっていると云う。

そもそも、粒子の集合体が密度を密にして犇めき合い、肩を寄せ合い、臆病なまでに震えながら...

それでも尚且つ滅する瞬間まで、その脆く儚い営みを継続しているだけなのだ。

だからこそ…

我が魂の命ずるままに──。

___ spelt by vincent.