敬意と慈愛

相手に対する敬意がなければ優位性は保持されない。

つまり、人間関係における上下関係と云うものは、下の敬意によって確立されている、と云うことだ。

上を自負する諸氏は下の抱く類い稀なる慈愛を感じなければならない。それがなければ上では居られないのだから。

そうなると、どちらが上でどちらが下なのか…
何とも怪しげな枠組みの稀薄な境界線が透けて見えてくる。

ふと、そんなことを感じた。

___ spelt by vincent.

コメント投稿

feed icon コメント用フィード