tone of voice

「何を云うか、誰が云うか──」
「?」

「そんなことよりも、どんな声で云うか」
「──」

「それが問題なのさ」

そう云うと、男は笑みを浮かべた。

「なる程、そうかも知れないな」

出し抜けに真理めいたことを聞かされた男の口許も僅かに緩んでいた。


【追記】

できるだけ良い声で喋ろうとすると、丁寧で優しい物言いができるような気がするのは、きっと気のせいではないような気がする。

思い出したら、是非、お試しあれ☆

___ spelt by vincent.

コメント (1)

Author Profile Page vincent. 2017年5月11日(木) 14:10 返信

テスト

コメント投稿

feed icon コメント用フィード