永遠の憎しみ

「憎むなら永遠に憎め」
「──」

「途中で降りるなら初めから憎むな」
「随分、強欲だな?」

「強欲?」
「ああ。永遠なんて信じているのか?」

「信じる? 俺は何も信じない」
「フフ。まだまだ未練は残ってるさ」

「未練?」
「ああ。まだ自分を信じてる」

「──」
「図星か?」

「や、図星ではない。当たらずとも遠からず、だ」
「フフ。陳腐な痩せ我慢だ」

「逆に問うが──自分を信じている者が憎しみを求めるか?」
「ほう。貴様は憎しみを求めてるのか?」

「愛が転ずれば憎しみに変化するだろう?」
「ああ。愛憎の念、って奴だ」

「故に愛など要らぬ。脆くも消え去る感情に興味はない」
「永遠を求める、と?」

「そうだ。憎しみならば永遠に継続するだろう?」
「フッ。可哀想な奴──」

「可哀想?」
「ああ。乳飲み子と変わらん」

「貴様、愚弄するか?」
「その壇上にすら上がってないさ」


「さぁ、憎め。俺を永遠に」
「それは命令か?」

「どうとでも受け取れ。俺の望みは言い放った」
「そうか。分かった」

男は背中に背負った刃渡り2メートルはある剣に手を掛けた。対峙する男の眼光を射抜きながら、ゆっくりと構える。

「──何を?」
「貴様の望みを叶えてやろう」

「その剣で何をしようと云うのだ?」

男は片眉を上げた。

「貴様を殺してやる──」
「──!?」

次の瞬間、蒼白い閃光が男の肩口から腰骨目掛けて振り下ろされた。衣服が斬り裂かれ、中から堪らず鮮血が噴き出した。膝を折り、地面に崩れ落ちる。深紅の海が男を囲む。

剣に滴る血を虚空で振り払うと、男は背中に剣を背負った。地に伏す男の断末魔の残り火。

「ぐむぅ… 貴様、憎む訳だな……?」

踵を返しながら伏した男を一瞥。

「俺に憎しみはない」
「では、何故?」

男は虚空を睨みながら呟いた。

「望みを抱えたままに散れ──永遠に」

男は地から縋るような視線を投げた。

「──ありがとう」

男の望みを叶えた男はそれには応えず、一歩踏み出し歩き去っていった。渓谷には慟哭ともとれぬ響きがいなないた。

___ spelt by vincent.

コメント投稿

feed icon コメント用フィード