指先が切ない

握り締め切れない健気な拳が愛おしくて。
透き通るような白い肌に浮かぶ管が目映い。

紡ぎ出される意味ありげな符号の数々。
どれも指先の角度ひとつで吐息に変わる。

嗚呼、奥ゆかしい。

放置された銀灰色混じりの頭蓋鎧。
見る者に初老の偶像を象らせ、内蔵された独自達観と青臭い殉情を霞ませる。

堆積された白銀の数だけ集まる金子の多寡。揃えば揃うほどに現実の警鐘から遠離る。


嗚呼、指先が切ない。


残った琥珀色の液体で喉を灼く。
溜息と共に紫煙を吐き出す。

___ spelt by vincent.

コメント投稿

feed icon コメント用フィード