売買成立

「もう! あんたなんか要らない!」

溜まり兼ねた女が怒声を浴びせた。

「ほう。レシートか領収書はあるのか?」

悪びれる様子もなく、男が問う。

「どういうこと?」
「要らないなら返品すればいい」

「あんたを買った覚えはないわ!」
「それはどうかな?」

女の怪訝な表情。

「俺の気概なりを買ったんじゃないのか?」
「何云ってるの!? 意味分かんない!」

「つまりは可能性だよ。飼い慣らせると高を括ってたんじゃないのか?」
「そういう考え方が嫌なの!」

「生意気な女だな、勝手に惚れといて」
「あたしだって結構損したわよ! あんたなんかに会わなければ良かった!」

「損得勘定なんざしてたら身が保たない」
「あたしの青春返してよ!」

男が片方の眉を上げる。

「生憎、レシートも領収書も持ってない」

女は呆れ果て脱力した。


売買成立──。
資本主義は意外と呆気ない。

*2016.06.13・草稿

___ spelt by vincent.

コメント投稿

feed icon コメント用フィード